岡野 薫子(オカノ カオルコ)

プロフィール

生 年
1929~
職業または専門
文学(創作)・映像(短編映画の企画・脚本)
作 品
『銀色ラッコのなみだ』『人間のからだといのち』(フォア文庫)
『砂時計』(偕成社)
『森のネズミ』・『うさぎのおみせやさん』シリーズ(ポプラ社)
『太平洋戦争下の学校生活』(平凡社ライブラリー)
など
&岡野 薫子』 先生の作品をもっと検索する
※上記著作物検索はamazonのシステムを利用しているため、作家と関係のない著作物が表示されることがあります。

略 歴
教師、科学雑誌の編集を経て、科学映画の企画・シナリオ執筆に活動を移す。
1964年『銀色ラッコのなみだ』で注目される。同書でサンケイ児童出版文化賞・NHK児童文学奨励賞・動物愛護協会賞、『ヤマネコのきょうだい』で野間児童文芸推奨賞、『ミドリがひろったふしぎなかさ』で講談社出版文化賞受賞など数々の児童文学賞受賞歴をもつ。
2002年藤枝市教育委員会企画、桜映画社製作ビデオ・ハイビジョン作品『岡野薫子の世界作品―文と絵と―』で教育映像祭優秀作品賞を受賞。
自著の挿画なども手がけるほかに、定期的に銀座・鳩居堂画廊にて絵画個展を開催している。

プロフィールをご覧になりたい会員名をご選択ください