著作権はいつまで存続するのでしょうか。

著作権の存続する期間を「保護期間」といいますが、その期間は原則として著作者の死後50年とされています。一部例外もありますが、以下の通りとなります。

実名(周知の変名を含む)の著作物 死後50年

無名・変名の著作物        公表後50年

団体名義の著作物         公表後50年

映画の著作物           公表後70年